子宮頸がん予防ワクチンの副作用診療に51協力医療機関選定

子宮頸がん予防ワクチンを接種した後に慢性的な痛みが生じる副作用が報告されていることをご存じでしょうか。厚生労働省は、この副作用についての相 談や診療が受けられる51の協力医療機関を34都道県に選定しました。今後、各都道府県に少なくとも1ヵ所ずつ設ける方針とのことで、残りの13府県でも 調整を進めているようです。

協力医療機関の医師は、専門医らからワクチンや、副作用に関する研修を受け、産婦人科や小児科などが連携して接種後に生じた症状に対応します。必要に応じては、高度な専門医療機関を紹介してくれるそうです。

協力医療機関については、下記の厚生労働省のホームページに「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関(平成26年11月20日現在)」として記載されていますので、一度ご確認ください。

(配信元:がん治療相談110番

さらに見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社HMC

株式会社HMC

詳細を見る

〒104-0033
東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー9階
TEL: 03-6280-5411
HP: http://www.hmcjp.com/

関連情報

関連記事

おすすめセミナー

  1. 鳥取県米子市の保険ショップ「ほけんのお店 エル・グラッド」の多賀彰穂が講師となり毎月開催している人気…

都道府県

おすすめアドバイザー

  1. 埼玉県さいたま市大宮区の保険代理店「エリアサポートジャパン保険百貨店」に所属する佐藤恭一(さとうきょ…
  2. 埼玉県坂戸市の保険代理店「テツ・オフィス」に所属する井上 亜崇加(いのうえあすか)のプロフィール。…
  3. 神奈川県藤沢市の保険代理店「BUDDY 湘南OFFICE」に所属する合田信二(ごうだしんじ)のプロフ…
  4. 埼玉県さいたま市大宮区の保険代理店「エリアサポートジャパン保険百貨店」に所属する平塚丈二(ひらつかじ…
  5. 東京都中央区の保険代理店「HMC」に所属する吉川佳秀(よしかわよしひで)のプロフィール。…
ページ上部へ戻る